お尻の吹き出物膿ができた時の対処法

お尻の吹き出物が悪化して膿を持ってしまった場合

お尻に吹き出物ができる経験をしたことがある方は多いと思います。
お尻は吹き出物ができやすい部位です。
恥ずかしくて周りに相談できずにいる方も多く、自分でケアできる方法を探しているという方も多いことでしょう。

 

そんなお尻の吹き出物がさらに悪化して膿が溜まってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。
膿が溜まるということは、その吹き出物は炎症を起こしているということです。
自分でケアすることは可能なのでしょうか。

 

大丈夫です。
膿のあるお尻の吹き出物も自宅で自分でできるケアを4つ紹介します。

 

  1. 1つはガーゼを貼ること
  2. 2つ目は患部を冷やすこと
  3. 3つ目は自然に治癒するのを待つこと
  4. そして4つ目は針を刺して膿を出すこと

 

1つずつ詳しくみていきましょう。

 

1.出来た吹き出物にガーゼを貼る

お尻にできた吹き出物に膿が溜まっている場合、その吹き出物は破裂した時、溜まっている膿が出てくることが考えられます。
その出てきた膿で下着や衣類を汚してしまう恐れがあるので、患部にガーゼを貼りましょう。

 

患部にガーゼを貼ることで、吹き出物が破裂した時に下着や衣類を汚すかもしれないというリスクを避けることができますし、その他にもガーゼがクッションの役割もしてくれるので、痛みを和らいでくれる期待も持つことができます。(吹き出物がどうしても痛い時にしたいこと

 

この時、1つ注意点があります。
それは、通気性の良いガーゼを使うということです。
通気性が悪いものを使うと、患部は蒸れてしまい悪化してしまうことになりかねません。
患部の通気性は常に意識してください。

 

2.患部を冷やしましょう!炎症を抑える

炎症を起こしているところを冷やすことは、他の部位のケガと同様に効果が期待できます。
膿が溜まっている吹き出物も熱を持っていることが多いので、その場所を冷やすことで、炎症を僅かかもしれませんが抑えることができます。

 

また、冷やすことによって痛みも緩和することが可能です。
家にいる時など、可能な時は患部を冷やすようにしてください。

 

3.自然治癒を待つ

お尻の吹き出物に膿が溜まった場合、そのまま何もしなくても自然に破裂して膿が出ます。
溜まっていた膿全てが排出されると、炎症も治まってきます。

 

炎症が治まると、痛みも少しずつ引きます。
吹き出物の重症度にもよりますが、特別に重症なものでない場合は自然に破裂して、自然に治るのを待つことも悪いことではありません。

 

自然治癒を待つことも、自己ケアの1つです。

 

4.針を刺して溜まっている膿を出す

吹き出物の膿が排出されると自然に炎症も治まってきます。

 

自然治癒を待つのも自己ケアの1つではありますが、早く治すために針を刺して溜まっている膿を出すという方法もあります。

 

自然ではありませんが、溜まった膿を排出する助けとして針を刺すのです。
膿が排出できるようにすることで、吹き出物の炎症は自然治癒を待つよりも早く治る可能性が高くなります。

 

しかし、無理にやることで更に状態が悪化してしまうこともあるので、気を付けてください。

 

もし、この方法を行う時は、きちんと殺菌することを忘れないでください。
細菌が入り込むことで、悪化を招いたり跡が残ることもあります。

 

無理にはやらないこと、やる場合は自己責任ということも忘れないでください。

 

ここまで、お尻にできた吹き出物に膿が溜まってしまった場合の自己ケア方法を紹介しました。

 

しかし膿が溜まった状態の吹き出物の場合は、やはり皮膚科を受診することをお勧めします。
医師が症状に合う薬を処方してくれます。
状態によって抗生物質や塗り薬を処方されることもあると思います。
軟膏が処方されることがあるかもしれません。

 

医者とはいえ、お尻を見せることに抵抗があるかもしれませんが、これが一番安心できる方法だと思います。

 

お尻にできた吹き出物に膿が溜まってしまった場合、症状が軽い場合は、ここで紹介したような方法で自己ケアも可能ですし、自然治癒を待つのも1つの方法ですが、しばらく様子を見ていて治らない場合や悪化している場合などは、恥ずかしいかもしれませんが受診をお勧めします。

 

また、炎症を起こして膿が溜まらないようにするケアをすることが大切です。
お尻ケア用の商品があるので、そのようなものを使ってケアをするのも良いですね。

 

毎日の規則正しい食生活と、お尻ケア用のクリームなどを使うことで自己ケアを普段から行い、お尻に吹き出物を作らないこと、できてしまっても悪化させないようにすることが大切です。

 

毎日、気を付けていてもお尻の吹き出物は悪化してしまうことがあるので、そのような場合は、ここで紹介した方法を取り入れるのも良いですし、症状により受診も考えてください。

 

お尻は見えない部分なだけに、ケアも怠りがちになってしまうかもしれません。
しかし吹き出物は痛みを伴いますし、悪化すると大変なので、日頃のケアを大切にしてください。